忍者ブログ
日々の事柄をつらつらと。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/10 割り切り]
[09/10 乱交]
[09/10 人妻]
[09/10 童貞]
[09/10 童貞]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんわひげです。

いつも動画のどこを使用すればいいのか悩みます。
今週はいくつか見所があるかと思われます。

ベストは最終のC1ですかね
次は最初のL1でその次は2回目のL1かな・・。

そんな感じで時系列ごとにどうぞ。

・・・最初Lを守ってみようとするもののそもそも敵が来ず早々に転戦

20:06
L3を割ったらL1に飛ばされる。
敵が来たので防衛開始
Rising Sunが来ていろいろと遊ぶ
ここは崖上と崖下が離れすぎているのもあってか
攻めづらい様子。結構長い間守りましたが誰も来なくなったので転戦
17'40" L1 235MB

20:24
飛んだ先はL2
SG2枚くらいで防衛している様子。
突っ込んでいいという指示だったので突っ込む。
意外に楽に抜けられ(プリだしね)ぐるりと回ったところでパシリ先輩こんにちは。
SWしてEMCを試みるもののSW不発で失敗
そうそうシロポをつんでないことにこの時気づく…
3'02" L2 34MB

20:34
L2に再挑戦、シロポをつんで再挑戦。
中盤にいろいろ来てて面白いということで2MAPにEMCで呼んでもらう
結局ER前に集合。意外と薄いということで突っ込む。
裏まで回れたものの後続はなし無駄に生き残る。
この時後衛を潰す様に動けばよかった。。と今更後悔。
5'35" L2 50MB

20:48
L1再び割って守る
敵の来襲が少ないもののボツボツと守る。
本陣を守りつつクロークアサでこつこつと敵ユニット排除。
するとえ協?が集団で来襲。じわじわと敵の数を減らし
結構いい戦いができてたものの、切り返しのEMCで鯖キャンして乙
このパターン多いですよね…
9'17" 127MB

21:04

ぽこが死ぬ。プギャー!
50" 10MB

21:06 B5
EMCに乗り遅れて徒歩でER、緩やかに防衛する。
これくらいの密度だといろいろ考えながら防衛できるからいいかもねとか思った。
最後割られるときって何か指示が出てましたっけか。みんな棒立ち
もうちょっと粘れたかも知れないですね。
10'33" 122MB

21:19 C1

C1を割ってエンペ周り防衛
柵の内側で守ってみる。
ここでの指示は「柵の内側にいること」
21:29:15で「入り口まで攻めて」の指示が出ます。
あとで、まとめますけどこれは結構大事です。
これを踏まえて動画を見てもらえるといいかもです。
14'48"210M

総評
 堅実に遊んだ感じ 遊び>攻城
 終始連携の練習を優先させたゆるい感じでした。私はこれくらいのほうが好きかな。疲れないし
 腰を据えて守ってみたりですとか最近にはない動きが入ったと思います。
 連携についてもじっくり考えられる時間が持てました。
 全体的に守りの指示が出てましたがこれは後述の理由によるんだと思ってます。これは練習なんです。

ここでちょっと一説ぶります

いつも「エンペ周りにいて」「前に出過ぎないで」と指示が飛びます
が結構重要です、多分実加さんはこの指示を連携の練習の第一段階として捉えてる気がします。
連携の基礎の基礎です。
理想は連携しつつ前進、弾幕を張りつつ後退ができることなんですが
(みおさんとこにあがった昔の動画だとこれができてるはずなんですが)まずはPTを意識して動けるようにって事で。
攻撃時に特にそうなんですけど一人前に出るとその一人を守るために
全体が前に進んじゃうんですよね。
これはPTとしては健全な反応で(被害を減らそうと動くわけですから)
主因は先頭にいる一人になります。
先頭を進むユニットは後衛のPTを常に意識して動く必要があります
敵前に飛び込む際には以下の点に気をつけておけばいいかと

・味方から射線が通る位置か(ヒール、ボルト等が通るか)
・ワンクリックで後衛の場所まで戻れる位置か(すぐ戻れるのか)
・PTが見える位置かどうか


PTMは上記を全て守れるように動きます。最悪でも2つ
できれば3つは欲しいところです。
1以下になると論外です(PTに何の影響を及ぼしません)
クロークのおかげで死ににくいアサクロは例外です
これらを満たすことで個々の死亡率は格段に減ります。

ややこしくなったので別の言い方をするとPTの間にはゴムひもがついてるもんだと思って動いてください。離れたところにいったらびょーんと戻ってきてください。その場にいつづけるとPTMのほうがが引っ張られちゃうのでこまめに戻って下さいな。
くれよんさんはぴゅーっと出てってびょーんと戻ってくるので私的には問題ないかなと思ってます。
上記の3条件を満たす限りは積極的に動くべきです。PTM同士が隣り合って立っていなければならない理由はないと思います。
その枠内で自分のユニットでできることを探してみましょう。
以上が「守りの連携」ですかね。えらそうにぶってみました。
基本的にはできてると思うんですが念のため。

また次回

あと気になった点は
献身スキルは「対象がダメージを受けた時に射線が通っている」事が前提です。射線が通ってないと紐が切れます。
ダメージを受けてなければ射線が通ってなくても紐は切れません。
なので誤解しやすいのですが献身対象者対して射線の通る位置取りをする必要があります。献身を受けた人も意識しておくといいかもしれません。

あとクルセパラに阿修羅をするとRSで死にます。献身してるなら献身対象者に阿修羅するといいかもしれません。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

▲TOP

material:AIR TERMINAL+  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]